トップ > カードローン情報 > 延滞は放っておかず相談を

延滞は放っておかず相談を

督促の電話や電報を放っておくと

延滞が1ヶ月ぐらいになると、取立人が自宅へやってきます。毎日来るわけではありませんが、相当なプレッシャーを感じて、外出するのが怖くなってしまうかもしれません。こうなると精神的にもかなり参ってしまうのではないでしょうか? 返済に遅れたがために、気軽に外にも出れず、無為に時間だけが過ぎ去っていく…。こんな人生は送りたくないですよね。

やはり相談することが必要

一人で悶々としていてもいい考えは浮かびません。誰かに相談して、解決策を見つける必要があります。身内や友人がアテにできればいいですが、ここまで来るともうアテがない場合も多いでしょう。まず最初にするべきことは、借入している貸金業者への相談です。ここでなんとか交渉してみて、それでダメなら公的な相談所などを利用しましょう。自分の返済能力を冷静に判断して、長期的な返済計画を立てる必要があります。場合によっては債務整理や自己破産も視野に入ってくるでしょう。くれぐれもヤミ金へは相談しないように!
闇金に手を出すとこうなりますよ。