トップ > カードローン情報 > 闇金とは身を滅ぼす薬

闇金とは身を滅ぼす薬

消費者金融という薬

消費者金融はよく薬にたとえられます。いくら利息が高くても、消費者金融という薬を服用することで、返済や資金繰りといった一時的な苦痛から逃れることができます。実際に、消費者金融のおかげで苦しいながらも日々の生活を続けていられる、という人々がいることも事実です。完済を夢見て、この薬を長期間飲み続けながら頑張っているわけです。

闇金は麻薬?毒薬?

消費者金融でも闇金でも、必要があってお金を借りることには違いありませんが、薬としての効能は段違いです。闇金という薬を飲まなければならない事情は人それぞれあるのでしょうが、しかし症状が改善するのはあくまで一時的で、飲んだが最後回復する見込みはまずなくなってしまいます。一時的な開放感が得られるという点では麻薬に近いともいえるでしょうし、結果的には破滅するという意味では毒薬ともいえるでしょう。闇金とのトラブルによる自殺が後を絶たないのも、この薬の強烈さを物語っているようです。
こんな記事もオススメです=簡単に貸すからこそ怖い闇金