トップ > カードローン情報 > 自己破産という方法

自己破産という方法

究極の債務整理方法

債務整理の方法としてよく聞かれる「自己破産」。裁判所から破産宣告と免責決定を受けることで、債務がチャラになります。これだけ聞くととてもいい話のようですが、数年間はブラック情報が残りますので新規の借入はできなくなりますし、官報に住所氏名が出ますので闇金等の顧客候補リストに載ってしまうかもしれません。手続きそのものは自分でもできますが、提出書類も多く内容も複雑ですので、費用はかかるものの弁護士に依頼するのが無難です。申立ての2~3ヶ月後に裁判所から呼び出しがあります。破産宣告が出されると次は免責の申立てを行い、2~3ヶ月後にまた呼び出しがあります。これで免責が決定され、2週間後に確定することにより、ようやく債務の支払義務が免除されます。注意しなければならないことは、浪費や博打等で作った借金は免責されません。また、過去7年以内に免責を受けた人も免責を受けられません。債務整理には様々な方法がありますが、公共の無料法律相談などを利用して、自分の合った方法を探していきましょう。